よくある質問

質問と回答

1.日本経営システム研究所はどんな会社ですか?

 当社は昭和54年(1979年)に現代表の中村壽伸(ひさのぶ)が設立いたしました。当時は経営コンサルタントがほとんどなかった時代でしたので、ノウハウを一つ一つ作って来ました。今ではさまざまな企業が使っている人事制度に当社が開発したノウハウがたくさん使われています。
特にコンサルタント人材の育成に力を入れて来ましたので、当社を巣立ったコンサルタントは大学の教員や大企業の人事部長、外資系コンサルティング企業の管理職などとして多方面で活躍しています。
当社の英語表記である「institute for management systems japan」(略して「IMS」)は経営研究所という設立の趣旨を表わしています。
とにかく真面目に、顧客の業績と人材の育成に全力を尽くし、着々と成果をもたらし続けているコンサルティング会社です。

2.顧客にはどのような企業が多いのですか?

顧客にはあらゆる業種があります。
その規模も実に様々です。30〜40名から数千名まであります。
これまでにも25人だった企業を支援し東証1部上場を見届けた・・・と言う事例も豊富にあり、成長したいと真剣に願って頑張っている企業が多いのが特徴です。
顧客をあえて分類すれば大きく3つになります。
1. 「これからジャスダックなどに上場しようとしている企業」
2. 「既に上場しているがもっと上位の市場に昇格したい企業」
3. 「上場は考えていないがすぐれた業績を上げたい企業」
・・・です。
当社は、真剣に成長しようと考えている企業への支援を念願しておりますので、まずはお気軽にご相談の連絡を頂きたいと思います。 電話 03-3563-3075 / お問い合わせフォーム

3.初めての企業の事業特性を理解することなど出来るのですか?

IMSの歴史は長く、病院から製造業、スーパーマーケット、葬儀業など幅広く経験し、研究してきています。そのノウハウは各業界誌(紙)で披露しているほか、業界単位のセミナーも実施しています。
当社は「顧客価値」を顧客と一緒になって掘り下げてきましたので、顧客ごとに異なる「顧客価値」の考え方を理解することが出来ます。
安心してご相談下さい。 セミナー情報

4.コンサルタントに得意な業界、不得意はあるのですか?

これははっきり言ってあります。
いくら学んでも学びきれないほど顧客事情は深いのです。この事情を好転させるため御社の業界を知るコンサルタントに担当させます。
たとえば、流通業界で店長やバイヤーを勤めたコンサルタント、製造業において経営企画部門の管理職として活躍したコンサルタント、金融機関の出身で役員や店長などの教育でも大きな成果を上げているコンサルタントなどがいます。

5.コンサルティングを検討していますが、どのように相談すればよいでしょうか?

まずは、当社の社長室宛にお問い合わせください。電話03-3563-3075/お問い合せフォーム
当社社長室メンバーが御社に出向き、ご説明、お打ち合わせをいたします。
その後、提案書を提出し、契約が成立してからコンサルティングプロジェクトがスタートいた します。(契約が成立するまで料金はかかりません)

6.管理職研修だけを依頼することが出来るのですか?

はい、出来ます。
コンサルティングだけが結果を出す方法ではありません。当社は、ご担当者様への支援を通じて、目標達成、業績向上、人材育成をお手伝いするのが専門ですので、どのようなステージを与えて頂いても常に最良の結果を出して参ります。
安心して研修をご相談下さい。

7.研修、コンサルティングはいくらかかるのですか?

料金はお気軽にお問い合せ下さい。電話 03-3563-3075
また基本料金は研修の種類ごとにパンフレットに掲載しております。こちらからパンフレットをご請求ください。
規模や内容によっては料金に変動が生じる場合がありますが、それは事前に見積もりや提案書で明らかにしますので、ご安心下さい。

8.研修やコンサルなどの契約終了後、どのように支援してくれるのですか?

契約が終了する前に、当社から「活動の総括」をいたします。私どもの支援がどの程度効果があったか、想定通りだったか、などを振り返るために御社のスタッフの皆様と会議を実施します。そこでは、その後の成果向上の為に成すべきことは何か・・・をテーマに提案書を提出します。

9.秘密は固く守ってくれるのでしょうか?

はい、確実に秘密をお守りします。
そのお約束を、「守秘誓約書」としてご契約の前に提出いたします。
初めてお会いした時からすべての秘密が絶対に漏れないように責任を持ちます。
当社は有名人事・組織専門誌に定期的に論文を掲載したりマスコミに事例を載せることがありますが、御社に得になると考えられる場合に名前を出して紹介することがあります。その際には事前に文書で承認を頂いた場合に限って実施します。
秘密遵守は堅く徹底しておりますので、ご安心下さい。

10.IMSの力量を事前に見ることが出来ないでしょうか?

もちろん出来ます。
ご契約に関する領域について、当社のコンサルタントが書いた論文コピーを事前にお渡しするようにしておりますが、ご希望があれば随時お渡しします。
ご提供できる論文テーマとしては、「評価」「業績連動人件費」「管理職教育」「専門誌に取り上げられた顧客との対談」など様々あります。該当する単行本を出版している場合もありますので、ご遠慮なくお申し付け下さい。書籍・刊行物一覧

『目標管理』についてのよくある質問

11.IMSの目標管理は本当に成果が上がっているのですか?

はい、確実に成果を上げています。一昨年も、昨年も顧客が見事に上場を果たしました。今年も上場を実現しようとする顧客があります。
当社は微力を尽くすだけですが、顧客が成長し立派になる姿を拝見し、改めていろいろな事を学ばせていただく毎日です。

12.IMSの支援にはどのような特徴があるのですか?

当社の支援はとにかく「結果」にこだわります。
まずは「必ず結果を出す目標管理」のような無料の目標管理セミナー(ベーシックコース)をお受け下さい。これによって、御社内でIMSの目標管理成功ノウハウの導入を検討して頂けるようになります。
お客様の管理職を対象にした教育・研修を実施する場合は、当社のコンサルタントが事前に伺い、事業を拝見します。御社の事業と目標管理の実行状況を理解するためですので、是非ご協力ください。その上で管理職の目標管理の理解度や目標の立て方などを踏まえてテキストの作成に取り掛かります。
このように一般論でお茶を濁すような研修ではなく、御社の実情に合わせた研修を企画し、「結果に直結」する研修を実施いたします。

13.難しいことより実践を知りたいのだが・・・

おっしゃる通りです。
目標管理は「業績と人を育てる実学」ですから、実践の場で役に立たなければ意味がありません。
当社は御社の目標と実践の姿をいつまでに、どのように変えて、どのような成果を上げていただくかをお約束してコンサルティングや研修に取り掛かります。
習得し使っていただくノウハウは、目標設定や実行PDCAなどが自然に身に付くようにカリキュラムを組んでおります。どうぞご安心下さい。

14.私の会社の管理職は出来る人とそうでない人のレベル差が大きいのだが・・・

どうぞご安心下さい。
どの管理職も同じように目標管理が得意な企業はありませんので、不得意な人がいることを前提にして研修やコンサルティングを実施します。
もう少し管理職のレベルが向上してから目標管理に取り掛かりたいと言う企業もありますが、間違った方法を覚えてしまった後で目標管理のイメージを変えることは大変な労力が必要になるだけです。
目標管理の教育は管理職の業績管理教育そのものですので、成果を上げながら管理職らしいマネジメント力を育てて行くことができます。

15.過去の経緯から目標管理に抵抗感を持った管理職や社員がいるんです。

ご安心下さい。

当社には、抵抗感を抱えた社員に困った企業がたくさんご相談にいらっしゃいます。特に珍しいことではありません。
抵抗感の原因の多くは、「やり方が良くわからない」「なかなか成果が出ない」「忙しいのに仕事が増えた」などです。そこでコンサルタントが御社の管理職に交じって一緒に考えながら、小さくても成功例を作るようにします。これが自信となって抵抗感が薄れて行きます。これを自己効力感と言い、会社の役に立った気持ちの良さが目標管理に本腰が入るきっかけになります。

16.成果は上げたいが、今までの目標管理を否定してほしくないのだが・・

安心して下さい。
当社は目標管理に限らず、これまで御社がやってきた事を否定するような発言を一切致しません。「・・・・のようにしたら、早く成果が出やすく・・・」というような表現を使います。

制度設計から実施まで、ご担当者様がご苦労なさったことへの敬意を表することがあってもその逆はしないのです。むしろ、どこが良かったかを積極的に評価致しますので、やりやすくなるはずです。

17.忙しくて目標管理をやっている時間が取れないと現場が言いますが・・・

働く人は誰でも忙しいのが現実です。
でも、業績が良くなると言うことは、仕事の進め方を改善して、能率が良くなると言うことです。
また、同じ仕事をするのでも着眼が違って来て、より良い結果を出せる方向に改善が進んで行くと言うことです。
現在が忙しさのピークなのだとしたら、今以上の成果を上げることは出来ないことになります。

時間が取れないと言う言葉に耳を傾けつつ、どうしたらよい結果が得られるかから現場の管理職と共に考えてまいりますので、ご安心下さい。

18.目標管理のコンサルティングはどのように進められるのでしょうか?

IMSのコンサルティングは、口先だけで介入するのではなく、御社の目標管理担当スタッフと検討することもありますし、共に現場に出向いて現実に向き合う方法で臨機応変に対応することもあります。
その流れは次のようになることが一般的です。

  • 1. 御社との打ち合わせを経て、契約を結んだらスタート
  • 2. どのような結果を出すかを仮決定する(御社とコンサルタント共通の目標です)
  • 3. 管理職研修の実施
  • 4. 管理職目標を設定、必要に応じて個別支援
  • 5. 日常活動の進め方研修を実施
  • 6. 状況に応じて日常活動の現地指導を実施
  • 7. 結果を毎月チェックして、効果的な方策を追加
  • 8. 抵抗感や苦手意識がある管理職には、小さな成功を実現して弾みがつくよう支援
  • 9. 半期の結果と活動を総括し、次の目標を設定する

19.どの時点から料金が発生するのですか?

前項18の2. からが料金の範囲です。
コンサルティングでも研修でも料金発生のタイミングは同じです。

当社はあらかじめ料金が発生するところをはっきりとお伝えしますので、急に請求書が来て驚く、と言うような事態は起こりませんのでご安心下さい。

20.目標管理を反映させる「評価」をつくりたいが依頼できますか?

お任せ下さい。

IMSは人事制度づくりのパイオニアとして、いつもキチンとした理論と実例を持って成果が確実な評価をお作りしています。
業績評価、アセスメント考課をはじめとして様々なノウハウを生み出し、未だにこれに磨きをかけ続けています。
評価以外でも業績年俸制やマトリックス型給与改定表など、日本初のノウハウ、アイデアをたくさん作り出してきました。
評価に限らず、人件費の増大を食い止めながら社員のモチベーション向上を実現する人事制度づくりまでお任せいただけます。
また、無理に売り込むことなどもありませんのでご安心下さい。

21.成果を上げるためにどのような工夫をしてくれますか?

御社の状況に応じて様々なアドバイスを行います。
例えば、

『成果を上げるには、管理職が目標管理に関する話題をどれだけ日常会話に挟むかがポイントです。上司が注目するものに成果を上げたいと思うのが、部下の心理なのです。
同じことが管理職にも言えます。経営者はどれだけ目標管理に注目しているか、成果を楽しみにしているかを日常会話でうまく伝えることが重要です。
その一つに、週に一度の朝礼を使うことは大変有効です。また、定期的に「社長診断」を実施して活動にアクセントを付けることも効果があります。
活動期間が終わったら、全社の活動状況を総括する意味で再び「社長診断」を実施して、成果が上がった部署や、活動が活発だった部署などを誉めるのも効果が上がります。こうして次回はきっと自分も誉めてもらおうと思うように仕向けることが出来たら成功が加速します。』 などです。
ご不明な点、お問合せはこちらから またはお電話:03-3563-3075にて承ります。

▲ページのトップに戻る